スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギャンブル依存症の母親を抱える人

私の母(63歳)が、おそらくギャンブル依存症になっているのかもしれません。

母は一人暮らしの年金生活です。

パチンコのみなのですが、
どうやら毎日パチンコに通っているみたいです。

しかもかなり負けているようです。

それでも、身内から借金しても続けています。

私の兄の元へ金の無心に出向いてきて、

兄「金貸してもいいけど、親子の縁切るからな」

母「分かった」と即答したようです。

ブチ切れた兄は銀行のキャッシュカードを投げつけ、
「二度と来るな!」と言ったところ、
そそくさとカードを拾い、

母「暗証番号は?」

と躊躇いも無く聞いたそうです。

呆れた兄はカードを奪い返して、
現金2万円をわたし追い返したそうです。

その数時間後、兄は、
近所のパチンコ屋を偵察に行ったら案の定、
母はパチンコしてたそうです。

兄はとても優しい性格で、
母親の面倒を見てくれています。

なので、分かっているのでしょうが、
ついお金を渡してしまうようです。

このままだと母親も自滅してしまい、
おまけに兄まで潰されてしまいそうで怖いです。

ネットでギャンブル依存治療を探したのですが、
あまり病院では治療できない感じです。

どなたか、ギャンブル依存を治療できる病院や施設を
ご存じないでしょうか?

出来れば東京の多摩市付近で探したいです。

宜しくお願いいたします。

ちなみに母親は、20年以上前に、
アル中で入院経験があり、

パチンコで借金をつくり、
自己破産を経験しています。

どうか、救いの手をお願いいたします。


【ギャンブル依存画期的な克服法】
ギャンブル依存症克服法



スポンサーサイト

ギャンブル依存症という“病気”

★ギャンブル依存症という“病気”

ギャンブル依存症は、病気です。 「お金を借りてでもギャンブルをしたい…」「暇さえあればパチンコ屋に行く」「お金がないのにいつも競馬に…」。
こういった行動をとる方は、ギャンブル依存症かもしれません。ギャンブル依存症。一般的な病気のように、体に異変が表れることがないため、病気としては分かりにくいものですが、しっかりした“病気”といえます。

ギャンブルによって経済的、社会的、精神的な不都合が生ずるにもかかわらず、止めることができない状態のことを指します。「病的賭博」と診断され、世界保健機関(WHO)も認めている病気の一つなのです。

★気が付かないまま依存症に

依存しやすいものにはアルコール、薬物、ニコチン、買い物などありますが、その中でもギャンブルは依存性が強いほうで、本人の自覚がされにくい病気だそうです。そのため、本人はギャンブルに対して「意志が弱くてなかなか止められないんだよなぁ」という程度の意識で捉えていることが多いのです。「自分はいつでも止められる」と高をくくっていると、気付かないうちに進行してしまいます。

ギャンブルは継続していることにより、確実に負ける仕組みになっているので、病気が進行するだけではなく、知らず知らずのうちにお金が無くなっていく、もしくは借金が増えてしまうのです。

★エスカレートすると「ギャンブル=借金」に

勝つまで、負けを取り戻すまで…。悪循環です。 なぜ「ギャンブル依存症」という病気が、借金を多額にさせるのでしょう? 最初の切欠は、時間つぶしや遊びのつもり、誘われてやってみたらという人が多いようです。賭けるお金も、数千円程度です。

しかし、そこで偶然に勝ってしまったりすると、お金(あぶく銭)が労せずして手に入ります。毎月コツコツ働いて稼いだ給料が20万、30万程度なのに、楽しくて遊びみたいなギャンブルに勝つことで、5万、10万と手に入ってしまうのですから、金銭感覚がマヒして当然なのかもしれません。確かに刺激的です。

負けたとしても、やり方(遊び方・ルール)を覚えてしまったり、一度大きく勝ったことがある人はその時の感覚が忘れられず、「次は取り返してやる!」という気持ちになる人が多いのです。勝ってしまえばさらにエスカレートし、以前に負けた分も取り返すんだという気持ちになり、すべては「勝って取り返す!」という意識になります。

勝っても負けても精神的には良いことはなし。気付けば生活費を取り崩してギャンブルにつぎ込んでいたり、消費者金融やカードローンから5万円、10万円とお金を借りてまで「勝って取り返す」ことを考えてしまうのです。「次こそは…」と多額をつぎ込み、借金の額も次第に膨れ上がってしまう「負の連鎖」に陥ってしまうわけです。

★スパイラルからの抜け出し方

勝てば返済できると考えていた借金も、トータルでみるとほとんどの場合は「負け」になっているのが実情。つまり、ギャンブルをするということを止めない限り、借金の額が増え続けてしまうのです。

やがてどこからも借りられなくなります。そうなったとしたら、あなたならどうしますか? 他で断られた方OKなどと謳っている「ヤミ金融」なら貸してくれるでしょうが、ヤミ金融から借りれば、待っているのは激しい取立て。そんなところからは、絶対に借りてはいけません。しかもそれはかなりの愚案です。

ならばどうしましょう? まずはギャンブルを止めます。約定どおり返済できるものなのか考える。返済が無理または完済できそうにないなどの状況ならば、これまでを反省し、借金の整理を検討してみる。これが得策だといえます。そして債務整理をするなら、借金の整理だけではなく、ギャンブル依存症であるかも病院で診てもらい、依存症ならばその治療も同時にすべきです。

★ギャンブルは破産の免責不許可事由のひとつ

ギャンブルで破産は難しいこともある。 借金を整理するといっても、いくつかの解決法があります。例えばですが、借金の整理法として代名詞的な自己破産(借金整理=自己破産かのように偏った先入観を持たれている方もいるようですが、それは大きな間違いですよ)。

ギャンブルから足を洗って、借金も自己破産してすっきりきれいにしてやり直そうと思っても、借金が無くならない場合があります。破産法の中には、免責不許可事由としてこんな一文があります。

「浪費又は賭博その他の射幸行為をしたことによって著しく財産を減少させ、又は過大な債務を負担したこと」

つまりギャンブルや浪費によって、過剰なお金の使い方や借り方をしていた場合は、免責が認められず借金は無くならないということです。

ギャンブルや浪費で作った借金は簡単には棒引きしないよと、安易に自己破産を利用する人に警鐘を鳴らしているのです。ならばどうしましょう? 破産ではなく、任意整理や特定調停、個人再生の利用によって解決が出来ないのかを検討していけば良いのです。

★ギャンブル依存症は完治しない!?

ギャンブル依存症は先程も説明したように「自分は病気なんだ」と気づき、それを自分で受け入れることが難しい病気です。また、単にギャンブルを止めただけでは根源が取り除きにくく、時間が経つと再発してしまう厄介な一面もある病気です。

「完治はされない。いかに自分をコントロールして気持ちを抑えていくのかが治療法だ」と専門医はいっているのです。

ギャンブルは“悔しさ”が、次にまたやる気持ちを掻き立てます。しかし、普通の努力で成果が出る甘いものでもありません。心底、ちょっと楽しむだけでお金を捨てても良いんだと思えるならば別ですが、そうでない人はやるべきではありません。もっと別の身のあるものに、お金も時間も有効的に使いましょう。

身近な場所に、これだけ多くのパチンコ屋や場外馬券売り場がある現状では、誰もがギャンブル依存症となる危険性を持ち合わせています。そのことを今まで以上に意識されて、ギャンブルなどで人生をつまらないものにしないでください。やっている本人がギャンブル依存症であるとは、これっぽっちも感じていないような人にはならないでくださいね。


【ギャンブル依存画期的な克服法】
ギャンブル依存症克服法



テレビCMとパチンコ依存症

ほんの5、6年前までは、テレビではやたらと消費者金融のCMが多かったと思います。バブルがはじけてからというもの、大手メディア(もしくは大手広告代理店)はスポンサー探しにやっきになり、倫理観よりも利潤を優先させて消費者金融をスポンサーとしてうまく取り込んできました。また、その頃のCMは、「気軽さ、安心感、親しみ」を持たせようとするイメージのものが多くて、アイフルのチワワ、武富士の女性ダンサーなども含め、女性タレントもよく起用されていました。つまり広告料がほしいメディアとイメージアップを図りたい消費者金融の利害が一致していました。もちろん、視聴者(=消費者、お客さん)がどうなろうと知ったことではありません。要は自己責任です。

しかし、この頃では、CMの時間帯もある程度制限され、内容も「ご利用は計画的に」だけではなく、さらに視聴者(=消費者、お客さん)に借り入れの注意を喚起する言葉も多くなっています。何気に消費者金融のCMが減り、内容も変わってきたのですが、このことをテレビであまり言う人がいません。いつの間にか、チワワや女性ダンサーはいなくなりました。これは2005年以降だと思います。もちろんそれに代わって、銀行系消費者金融のCMが増えたことは、根本的にテレビの体質が何も変わっていないことを表していますが。

まぁ、しかしながら、消費者金融のCMはある程度制限されました。背景としては、借金を是としてこれを煽り、多重債務者を作り出し、彼らをヤミ金に走らせ、結果として犯罪を誘発するなどの理由によるものだと思いますが、次に、それに代わってテレビでやたらと目立ってきたのが、外資系の保険会社のCMです。これは、俺の感触としては、第三次小泉内閣の時(2006年)、後期高齢者医療制度が成立した頃のような気がします。もちろん、それ以前もありましたが、なぜかその頃から目にする頻度が多くなったように感じます。外資系の保険会社のCM、これも「気軽さ、安心感、親しみ」をイメージさせ、後期高齢者医療制度の成立によって将来に不安を感じた中高年が、気軽に加入したくなる雰囲気を作り出しています。まさに需要と供給です。高額のCM料金でしょうが、費用対効果としては高いものではないでしょう。このブログでも書いてきましたが、穿った見方かもしれませんが、アメリカの保険会社の団体からの圧力が後期高齢者医療制度を小泉首相をして成立させたとは考え過ぎでしょうか。アメリカという国を軽く見てはいけないと思います。CIAはもちろん、彼らは、国益のために情報をコントロールしたり、他国の人間の心理を操るくらいのことは朝飯前だと思います。

さて、ここからが、今、俺が思っていることの本題です。最近、やたらとパチンコのCMが目立っています。かつての消費者金融のCMのようにタレントを起用したりして、パチンコのギャンブル性の部分でなく、遊戯性を前面に出したイメージアップのCMです。テレビにとってパチンコ業界はスポンサーとして申し分ないほどに巨大な業界です。日本におけるパチンコ業界は30兆円産業とも言われるほどで、これは国内の自動車産業とも肩を並べる、言ってみれば国内最大の娯楽産業なんです。しかしながら、パチンコ業界が潤うほどに、パチンコ依存症が増え、それは若者の労働意欲を奪い、無気力にさせ、ニートを作り、母親は子供の養育を放棄するほどにパチンコに熱中し、高齢者は年金を、あるいは生活保護費さえもパチンコにつぎ込むなどの、最悪の賭博社会を作り出しています。アメリカにカジノはありますが、それは特定の地域のみで、日本のように駅前に何店舗ものパチンコ屋が並び立ち、大都市から小さな市町村まで、全国に約17,000店もの気軽に立ち寄れる賭博場があるというのは異常なことだと思います。ちなみに韓国では、以前はパチンコ屋がありましたが、今は法律で禁止されています。このことは「打ったらはまるパチンコの罠(PART 2) -メディアが報じない韓国のパチンコ禁止」(若宮健著)に詳しく出ています。

パチンコというのは明らかに賭博なのに、しかもパチンコ依存が原因で多くの犯罪が起きているにも関わらず、政治にも行政にも、そして大手メディアでも規制や廃止を口にする人があまりいません。日本の社会全体がパチンコという賭博を肯定し、普及させ奨励しているかのようです。例えば、テレビのニュースで、かつて消費者金融のCMが多かった頃は、キャスターが読み上げる原稿は「容疑者には多額の借金があり……」でしたが、消費者金融のイメージを気にすることがなくなってきた昨今では、事実に即して「容疑者には消費者金融などに多額の借金があり……」と読むことが多くなりました。しかし、ここにきて、消費者金融とパチンコ依存の関係は深いにも関わらず、だから実際は「容疑者にはパチンコで膨らんだ多額の借金があり……」と読めばいいところを、今ではパチンコメーカーが大口スポンサーとなっているために、パチンコ業界に不利な情報をあえて入れ込んで読むことはないでしょう。テレビは言わないけれど、パチンコ依存症がどれだけの自殺、使い込み(業務上横領)、窃盗、強盗殺人などを引き起こしているのでしょうか。

パチンコという賭博を問題にする時、必ず出てくるのが、監督官庁でもある警察との癒着、それと警察官僚の天下り先としてのパチンコ企業や団体です。そしてまた、これがパチンコ業界をメディアがタブーにする原因ですが、在日朝鮮問題や暴力団との関係。つまり納税額が不透明なほどのブラックマネーが警察の監督のもとどこかに流れ、大手メディアは積極的にパチンコを普及し、それによってパチンコ依存症となった人はやがて消費者金融に借金をして、最悪の場合、自殺するというようなシナリオもあるわけです。これが今の日本です、パチンコ業界が日本最大のレジャー産業なんです。先進国としてはありえないくらいの自殺者の数、約3万人もの自殺者を毎年出している日本という国の酷さの一端だと思います。

今、景気は後退期に入っていると言われていますが、不景気に強いのがパチンコ業界や消費者金融です。しかしながら、もしパチンコを規制したら、あるいはもっと厳しくして韓国のように禁止にしたら、景気は少し上向きになるのではないでしょうか。冗談で書いているわけではありません。パチンコ人口は2,000万人とも言われていますが、その中のどれくらいの人が重篤の依存症で、パチンコのために他の消費行動を控えて、労働意欲が減少し無気力になっているのか分かりませんが、年平均1人約150万円使っているというパチンコ費用のその半分でも、他の消費活動に回すことができれば、これは国内の経済が変わってきます。

しかし……、こうして書いてくると、いかにテレビが倫理観を失い、利潤優先でスポンサーを取り付け、視聴率至上主義で、その時その時でうまく立ち回っているかが分かります。パチンコの外郭団体(例えば保安電子通信技術協会)に天下りする警察官僚も酷いけど、それを見て見ぬフリをして黙っている政治家も悪いけど(政党への献金もあるでしょうが)、やっぱり大手メディアは直接的に多くの被害者(=パチンコ依存症、それによって置き去りにされた幼児なども)をより多く作り出していることにおいて、さらに悪いんじゃないかな。天下りには厳しい大手メディアもパチンコ業界への天下りには黙ってしまうしね。

アメリカの新自由主義者、市場原理主義者、あるいは小泉純一郎さんや竹中平蔵さんがよく口にするのは「自己責任」という言葉です。これは「構造改革」とも密接に関係があります。誰もが自由に市場に参加でき、平等に競争できるという場をつくることは、たしかに経済を活性化させますが、人間には賢い人とそうではない人がいます、ある人には簡単にできることでも、いくら努力してもできない人もいます、あるいはその人の生い立ちや環境もあるでしょう、意志が弱く誘惑に弱い人もいます、つまり強者と弱者を勝ち組と負け組に分けてはいけないと思うんです。最近のパチンコ機は脳内のβ-エンドルフィンやセロトニンを分泌させるような麻薬のような働きをします。これがパチンコ依存症という病気を発症させる原因ですが、メーカーや大手メディアはそれを隠してパチンコの楽しさばかりを強調しています。一方でパチンコ機自体は射幸心を煽るようにハイリスク・ハイリターンとなり、依存症の人はほぼまともな金銭感覚を失い、重度になれば借金をし、さらに酷い場合は身内の財布や口座から金を抜き取り、あるいは強盗などの犯罪を起こします。すべて自己責任でしょうか?

もっとまともな国になったらどうだろうか? 政治も行政もメディアも、もっとひとりひとりの人のこと、人の人生を考える国になったらどうだろうか。自分や自分の会社が儲かるなら、視聴者(=消費者、お客さん)が借金しようが、家庭が崩壊しようが、自殺しようが関係ないと考える人たちがメディアを操っているとしたら、これは本当に恐ろしいことです。そしてそんな国家はやがて衰退します。アメリカでは、肺がん患者などが「タバコ会社はタバコを吸えば肺がんになることを知っていながら製造し販売している」として、賠償金を払えという訴訟を起こすことがあります。これらの訴えによってタバコ会社が有罪となることも多く、賠償額は何千万、何億というレベルです。つまりタバコを吸って病気になったのは自己責任じゃないという判断です。

パチンコ依存症が原因で多重債務に陥ったり、ヤミ金に苦しむ人、そしてそれら経済的理由による自殺者、自殺未遂者、生活破綻者、うつ病患者……。誰かパチンコメーカーやテレビ局を訴えてみたらどうだろうか。まぁ、テレビの責任は問われないだろうし、テレビというメディアは狡猾に立ち回るだろうな。今、北京五輪でテレビを観る機会が増えているんだけど、あきれるほどのパチンコのCMの多さに、この国の将来を憂いて、怒りに任せてこんなテーマで書いてしまいました。勝っても負けても、結局のところそこに希望を見出せないような非創造的・非生産的活動であり、生活や人生を破綻させかねないパチンコ。大学生、OL、主婦、サラリーマン、お年寄りを依存症にさせて利益を上げ続ける業界、その規模は自動車産業に匹敵するほどの約30兆円。この数字は、単なる遊戯を超えて、病的な博徒や依存症を増殖させているからこそのものだし(少子・高齢化などによりパチンコ人口は減少しているが、1人のつぎ込む金額は増えている)、このことを含めて、パチンコ業界をタブー視しないで、そろそろ誰かが大声で言わなければいけないんじゃないでしょうか。全国津々浦々、駅前、郊外を問わず、誰でもが気軽に入れるレジャーという名の賭博場がこんなにある国って変だよね。

あと、これだけは理解しておいてください。これは「パチンコをやらなきゃいいだけ」「パチンコ屋に行かなければいいだけ」という問題じゃないんです。パチンコ依存症はれっきとした病気なんです。そして脳内麻薬とも言うべきパチンコ機のCMが毎日テレビで垂れ流されているんです。もしマリファナやヘロインの気持ちよさそうなCMが毎日テレビで流され、売り上げ配分という恩恵をこうむっているために、テレビはもとより、政治も警察も行政も何も言わないとしたらどうでしょう。そんな国って、どうですか? 国家の権力構造自体がヤクザであり、マフィアみたいなもんです。国民の幸福を考えるのが国家だと思っていたら、日本の場合は、意志が弱く誘惑に弱い国民を麻薬漬け(パチンコ依存症)にしてその暴利をみんなで分け合っているようです。どうしてこんな国になってしまったんだろうね。誰がこんな国にしたんだろう。でも結局のところ、それはたぶん……、俺たちひとりひとりの心の中にある何かなんじゃないかな。だから反対に考えれば、心の中にある何かを変えることで、この国も少しずつ変えていくことができるかもしれない。この国の現状を嘆いてばかりいられないよね、俺たちがこの国の未来を変えていかなくっちゃね。

そういえば、ふと思ったけど、省エネとかエコロジーとか、いわゆる地球温暖化などによる環境問題が、世界的にも、国内でも大きな問題となっているけど、日本のパチンコ屋をすべて廃止にすればどれだけの省エネになるんだろう。あの電力消費量はハンパじゃないよね。部屋のエアコンの設定温度をチマチマ下げているどころの問題じゃないんじゃないかなぁ。それと、次々と新しいパチンコ機が登場するにしたがって、古い台は産業廃棄物になるわけだろうけど、これだって相当なもの。本当によく考えたら、パチンコなんていったいなんのためにあるんだろうね。国民の健全で幸福な生活をおびやかし、麻薬と同じで重度の依存症を引き起こして、生活や人生を破綻させ、自殺や犯罪の温床ともなっていて、まさに百害あって一利なしじゃん。近場で気軽に遊べる大人の娯楽? 冗談じゃない! これはもう娯楽なんかじゃないよ。


【ギャンブル依存画期的な克服法】
ギャンブル依存症克服法


依存症という言葉

ブログのタイトルに依存症という言葉があるが、最近この言葉が大げさな感じがしてあまり使いたくなくなってきた。
ブログを始めるためタイトルを考えていた時、自分を表現するために何か適当な言葉はないか探して付けた。
それまで「ギャンブル依存症」という言葉は知らなかった。
ギャンブルに狂った状態とか、ギャンブル中毒症状とか、ギャンブルにのめり込んだ状態という言葉では表現しにくかった。
いろいろ言葉を捜しているうちに世間一般では「ギャンブル依存症」という言葉を使っているのを知った。


コメントを頂いた中に、「やはり自分では治せないのだろうか?」という内容があった。
私は、誰にも相談した事はないし、ミーティングに参加したこともないし、もちろん病院にも行った事はない。

私は最終的には自分の「思考」の問題なので、「自分で自分の思考を変えること」が出来ればギャンブルはやらなくなると考える。

他の人の意見も、ミーティングも良い「きっかけ」になるが、最終的には自分と向き合わなければならない。

私は自分の癖を直した時、自分の思考は自分でコントロールする事は可能だと考えるようになった。

足を組むという癖は無意識にする行為である。

しかし、毎日、「足を組むな、組むな、組むな」と意識する事で足を組まなくなった。

今でも足を組みそうになると「組むな」という意識が働く。

自分では治せないのだろうか?

止めることは出来ないのではないだろうか?

と考えているうちは、もう一人の自分が「自分では無理だよ」と囁いている。

30年間ヘビースモーカーだった人がタバコを止めるのも自分の意思である。

タバコを止めたいと考えているのだが、自分では止めることが出来ないので、誰か私にタバコを止めさしてくれる人はいないだろうか?

と考えたとしたら、もう一人の自分が「無理して止めなくてもいいよ」と囁いている。


パチンコホールに向かうのは自分の足であり、両替機に1万円を入れるのは自分の手であり、どの台が出そうかなと探すのは自分の目であり、スロットのボタンを押すのは自分の指である。

その行為を命令するのは「自分の思考」である。

自分の「思考」が足や手や目に命令をするのであり、他人の思考が自分の足や手に命令は出さない。

ギャンブルをやっていた頃の自分は、思考が間違っていたのである。

パチンコホールに向かっていたのは私の足であり、台を探していたのは私の目である。

それを命令したのは私の思考である。

人間は自分で考え自分で行動する。

【ギャンブル依存画期的な克服法】
ギャンブル依存症克服法


お金の管理方法

ギャンブル依存症には、薬物依存の側面があります(詳細)。脳内で薬物を発生させる為に、お金を払っているということです。 麻薬や覚醒剤の常習性は断ちがたく、一度手を染めるとなかなか止める事ができないというのは、ニュースや映画を観てご存知かと思います。同じような側面が ギャンブル依存症にはあるということです。

その上で、お金の管理方法の重要性をご理解頂きたいと思います。もしギャンブル依存症の方がお金の管理を自分でしているとしましょう。 これは、麻薬常習者が麻薬の管理を自分でしている様なものなのです。麻薬常習者が手元に麻薬を置いておいて、使用しないと思いますか?あり得ませんね。100%麻薬を使用するでしょうし、止めることなど不可能でしょう。 これと同じように、ギャンブル依存症の患者もお金を自由に使えるように手元に置いておいて、意思の力でギャンブルをやめることなど不可能なのです。その意味で、ギャンブル依存症になってしまったら、お金の管理方法をよくよく考えなくてはなりません。

逆に言えば、お金というギャンブルの元手さえ断ってしまえば、ギャンブルを止めることが出来るということです。

家族・恋人に管理を依頼する
お金の管理は、第3者の目を入れるのが基本です。会社もそうですね。経理が一人でお金の管理をすることはまずありません。経理部門のお金の管理は複数の人間で行うのが基本です。そして最後には監査法人の目にまで触れます。 こういう体制を築いていないと、よくニュースで流れる『●億円の横領が発覚』という事件になってしまうのです。法人にできて個人に出来ないことは無いと言えます。法人の例を参考にして、自分のお金の管理を第3者に任せる、もしくは第3者と共同で行うというのが有効です。

例えば、私は下記の様にしていました。1,000円持っていてもスリップしてしまう方は、毎朝もらう金額を1,000円にして、それを小銭でもらえば良いと思います。

毎朝2,000円もらって出勤
帰宅したら精算・使った分は必ずレシートを提出
臨時で飲み会などに誘われたときの為に、5,000円だけ入金された銀行のカードを携帯

これくらいしないと防げないのです。


【ギャンブル依存画期的な克服法】
ギャンブル依存症克服法


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。